一般財団法人建築行政情報センター(ICBA)/商品一覧ページ

マイページ

講習会

講習会のご案内


「2020年版 建築物の構造関係技術基準解説書」講習会(ウェブ講習会)

《9月29日受付開始!》
 2015年版以降の構造関係規定の制定・改訂等とその解説及び最新の知見を反映して、
 黄色本を改訂。編集委員による解説を行います。
 書籍の一般販売開始は11月9日(月)予定。

 配信期間:11月2日(月)~11月20日(金)(オンデマンド形式)
 書籍付き受講料:14,300円(税込)(受講料5,500円、書籍代(受講者特価)8,800円)
 申込期間:9月29日(火)~11月6日(金)

 
【視聴環境】
 ・YouTubeを標準画質で快適に視聴できること。
  (講習会動画はYouTubeではございません。)
 ●PC視聴環境 OS
 ・Windows 8.1または10
 ・Mac OSX
 ●PC視聴環境 ブラウザ(ブラウザは最新版とします。)
 ・Internet Explorer 11
 ・Microsoft Edge
 ・FireFox
 ・Google Chrome
 ・Safari
 ●スマートフォン視聴環境(ブラウザは最新版とします。)
 ・iOS 10.0 以降・Safari
 ・Android 5.0 以降・Chrome
 【参考】具体的スペック等を確認できる場合は、下記を参考にしてください。
 ・回線速度 下り:512kbps 以上、上り:256kbps 以上
 ・視聴環境 CPU: Celeron1GHz 以上、CoreDuo1.66GHz 以上、上記に相当以上のCPU
 

【2020年版 建築物の構造関係技術基準解説書 主な改訂内容】
 「2015年版 建築物の構造関係技術基準解説書」は2015年6月に刊行されましたが、その
 後、「2016年追補」のWeb公表(2017年2月)と、それを反映した第3刷・ 第4刷の
 発行(同7月・10月)が行われ、2018年9月には、「2018年追補」がWebで 公表されました。
  今般発行される「2020年版 建築物の構造関係技術基準解説書」は、2015年版第4刷に
 対し、新たに以下の項目を収録したものとなっています。(一部の内容は「2018年追補」
 に含まれています。)
 (1)2015年版(初刷)以降の質疑(Q&A)の反映
 (2)2015年版第4刷以降の基準改正や技術的知見の反映
   (伝統木造に関する基準の合理化、小規模建築物・仮設建築物の一部規定の緩和、
    新たな材料に関する規定の追加、構造計算に関する規定の追加など)
 (3)各種災害を踏まえた状況と対応に関する記述の追加
 (4)その他、条文や参考文献の更新,記述の整理・明確化など


 講習会の案内はこちらへ。
 ※講習会の案内に記載のあるホームページ(お申し込みページ)は現在未リンクです。

終了した講習会

 > 終了した講習会の一覧
メールアドレス
パスワード
  • 商品数:0
  • 合計:0
SSL グローバルサインのサイトシール
建築行政関係情報をいち早くお届けするメールマガジン (無料)
会員登録はこちら