一般財団法人建築行政情報センター(ICBA)/商品詳細 建築構造審査・検査要領 -実務編 審査マニュアル- 2018年版

マイページ

図書販売

 「建築構造審査・検査要領」シリーズ第三編となる本書は、建築主事及び指定確認検査機関が建築物の確認審査・検査を行うにあたり、建築基準関係規定における構造強度に関する基準への適合を判断する際に、適切かつ統一的な運用を図るために必要な事項についてまとめています。
 審査や検査の実務において、個々の建築計画や状況に応じた法適合性の判断をするための参考として、活用していただければと思います。

商 品 名建築構造審査・検査要領 実務編 審査マニュアル 2018年版
編  集日本建築行政会議
発  行一般財団法人建築行政情報センター
判  型A4版(582頁)
発 行 日2018年3月1日 第一版第一刷
価  格一般価格7,020円(税込)
ICBA情報会員価格6,318円(税込)
ICBA情報会員の方は必ずログイン後お申し込みください
日本建築行政会議
会員価格
6,318円(税込)
特定行政庁・指定確認検査機関で日本建築行政会議会員の方
 日本建築行政会議会員クーポン番号「jcba3018」
送  料一回の購入金額の総計が5,000円(消費税込)以下の場合 : 324円(消費税込)
一回の購入金額の総計が5,000円(消費税込)を超える場合 : 無料
支払方法1)クレジットカード
2)銀行ネット
3)ATM決済
4)払込票
※請求書発行をご希望の場合は下記「その他」をご参照ください。

建築構造審査・検査要領 -実務編 審査マニュアル- 2018年版

画像を拡大する

  • NEW
  • オススメ
商品コード:bo-084
建築構造審査・検査要領 -実務編 審査マニュアル- 2018年版
一般価格(税込):7,020円
情報会員価格(税込):6,318円
日本建築行政会議会員価格(税込):6,318円
関連カテゴリ:
申込開始日:2018/03/16 10:00
在庫あり
個  数

目 次

第1章 確認審査にあたっての留意事項
 1.1 はじめに
 1.2 確認審査にあたっての留意事項
 1.3 法第20条第1項第一号(大臣認定)の構造審査
 1.4 大臣認定構造計算プログラム制度
 1.5 構造適判の要否の審査
 1.6 構造耐力上主要な部分に用いる材料等の品質確認方法
 1.7 増築等に伴う既存不適格建築物への遡及適用について
 1.8 仮設建築物(法第85条)
 1.9 指定工作物(法第88条第1項)
 1.10 駅舎等の鉄道施設の構造審査要領及び土木工作物の建築基準法上の取扱い
 1.11 既存ぐいを用いた建築物の審査
 1.12 小規模な倉庫(物置等を含む)の取扱い
 1.13 移転(法第3条第3項及び法第86条の7第4項)の取扱い

第2章 構造細則等の審査
 2.1 はじめに
 2.2 申請建築物の概要把握
 2.3 構造計算書以外の構造関係規定に関わる図書の審査
 2.4 仕様規定の審査

第3章 構造計算書の審査
 3.1 はじめに
 3.2 構造計算の審査要領
 3.3 許容応力度及び材料強度の審査
 3.4 荷重の審査
 3.5 許容応力度計算の審査(一次設計)
 3.6 使用上の支障が起こらないことの審査(令第82条第四号)
 3.7 耐震計算(二次設計)の審査
 3.8 保有水平耐力計算の審査
 3.9 限界耐力計算の審査
 3.10 屋根ふき材、特定天井、外装材及び屋外に面する帳壁の構造計算の審査
 3.11 構造種別ごとの構造計算書の審査
 3.12 その他の構造計算の審査

その他

日本建築行政会議会員 クーポン番号について
 特定行政庁または指定確認検査機関で日本建築行政会議の会員のみご利用いただける
 クーポンです。
 ※本書の日本建築行政会議会員クーポン番号「jcba3018」
 「申込リスト」画面の「クーポン番号」欄にクーポン番号を入力しお申込を行って
 ください。
 クーポン番号記入忘れによる申込み完了後の訂正はできませんので、予めご了承くだ
 さい。
 ※※日本建築行政会議会員は、ICBA情報会員とは異なりますのでご注意ください。
ICBA情報会員の方は、MYページにログイン後、クーポン番号を入力せずにお申込ください。

請求書発行(銀行口座振込)について
 請求書発行(銀行口座振込)が必要な場合は、「お支払方法」画面において【ATM決済】を
 選択後、同画面の【連絡事項】欄 に、下記項目を記入してください。
 なお、ATM決済を選択しておりますので、ご注文完了メールに「ATMお支払情報」が記載
 されますが、別送する請求書にてご対応いただきますようお願い致します。
 【連絡事項】欄 記載事項
 (1) 必要な書類名   〔例: 「請求書」を希望します〕 
 (2) 請求書等の宛名  〔例: ○○知事、○○会社、個人名〕
 (3) 日付の「有無」   「有」の場合、日付を記入
 (4) 料金の振込日  〔例: ○月○日に振込予定 等)
 (5) 請求書等の郵送先〔例: 申込者と同じ 等〕 

メールアドレス
パスワード
  • 商品数:0
  • 合計:0
SSL グローバルサインのサイトシール
建築行政関係情報をいち早くお届けするメールマガジン (無料)
会員登録はこちら